美容室・サロン集客の情報を無料で公開するリピーター集客ラボ | アクティブ・メディア

サロンのコピーライティング

個人サロンが大手チェーン店に勝つのは簡単!?

個人サロンが大手チェーン店に勝つのは簡単!?

さて、今回のテーマは、新規集客でも、リピーター維持でも、使えるノウハウとして「大手サロンに勝つ方法」というお話をします。

詳しくは動画をご覧ください^^
 
 
 

1)個人サロンがやってはいけないこと

 
あなたのサロンにも
ライバル店がありますよね。
 
そのライバル店に
あなたはどのような対策を
とっていますか?
 
 
 
ライバル店であるサロンが
大手チェーン店ということも
多々あると思います。
kaisya.png
 
その場合に、
やってはいけないことがあります。
 
 
それは「価格競争」です。
 
 
値下げをするな
というわけではないのですが
 
大手チェーン店がとる
主な戦略は「薄利多売」と
言われるもので、
 
 
商品を大量入荷することで
安く仕入れることができ、
 
接客やサービスを
マニュアル化することで
業務効率を上げて
 
低価格でお客様に提供し、
たくさん売るという戦略です。
 
 
 
これと同じ戦略では、
個人サロンでは利益は
ほとんど出ないため
勝ち目はありません。
 
 
 

2)大手チェーン店に勝てるポイント

 
それでは、個人サロンが
大手チェーン店に勝つには
どうしたらいいのか?
 
 
それは、
大手チェーンでは持てない
個人サロンならではのウリを
目立たせることです。
 
 
 
個人サロンならでは
ウリとはどんなものでしょうか?
 
 
・いつも同じスタッフが担当してくれる
 
・アットホームな雰囲気で気軽に利用できる
 
・スタッフと仲良くなりやすく相談しやすい
 
・高額のサービスをセールスしてこない
 
・近所だから通いやすい
 
 
などなど、
あると思います。
 
 
ちなみに、
これらはあくまでイメージであって
実際にそうなのかは無関係です。
 
 
大手チェーン店でも
同じスタッフが担当する店もあり、
セールスをしない店もあります。
 
 
ただ、大切なのは
 
✓一般論としてどうか?
 
✓サロンを利用する人が
 どんな印象を持っているか?
 
ということです。
 
 
 
その印象を良いイメージとして
目立たせることができれば
大手チェーン店と価格競争も
集客合戦もしないでよくなります。
 
 
 

3)今は個人サロンが勝ちやすい

 
特に今の時代はインターネットが
空気のように当たり前になりました。
 
internet_earth.png
インターネットという
無料で個人サロンを
大手チェーン店よりも
目立たせることができる
ツールがあります。
 
 
これが20年ほど昔だったら
どうだったでしょうか?
 
 
その当時の宣伝方法は
 
・TVや雑誌などのマス媒体
・駅前に看板
・チラシ配布
 
この辺りが主流でした。
koukoku_building.png
 
これらは、
お金をかければかけるほど
目立つ仕組みになっています。
 
つまり、
大手チェーン店に有利な時代でした。
 
 
 
今は違います。
 
ホームページだけでなく、
ブログやSNSなど、
非常にたくさんの無料で
宣伝できるツールがあります。
 
 
 
そこで今回お話した
「個人サロンのウリ」と、
 
前回お話した
「あなたのこだわり」
 
ライバル店との違いとして
目立たせることができれば
大手チェーン店に
打ち勝つことができます。