美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

サロンのコピーライティング

リピート客向け!すごい集客⑦
「お客様の声」を効果的に伝える

588659d509517b49b0e807d5bf58e0cf_s

お客様の声を取り入れた価値の訴求法とは

今回はお客様の声を利用して商品の価値を訴求する方法についてご紹介していきます。

売り手は何かと自画自賛の姿勢になりがちで「当店のものは最高です!」というセールストークでお客様に迫ってしまいます。

強すぎる販売の姿勢はお客様には「売り込みのニオイ」を感じさせてしまいリピートしたくなくなってしまう原因にもなります。

--------------------
<お客様の声で客観的な視点で価値を伝える>

お客様が商品購入を決定するための基準には第三者である「お客様の声」があります。

お客様の声はリアルにそのサービスの特徴や良さ、デメリットを伝えます。

特に日本人は第三者の集団意識が強いことからも第三者の意見を重視する傾向にあります。

--------------------
<インタビュー形式でお客様の声を紹介する>

お客様の声を紹介する方法として有効なのがお客様とのやりとりをインタビューの形にした会話形式が効果的です。

お客様は実際のインタビューの感想や生の声を求めていることから会話形式でのお客様の声が有効とされます。

お客様の声を紹介する際はターゲットとするお客様と同じ客層の声を紹介するようにします。

ターゲットとするお客様と違う客層の声を紹介しても「自分には関係ない」と思われてしまいます。

自分にも当てはまると思ってもらえるようなお客様の声の紹介をしていく必要があります。

(リラクゼーションに力を入れている美容院での例)

【店舗側】 "当店のヘッドスパを受けられてみていかがでしたか?"
【お客様】 "皮が緩む感じがしてとても心地よかったです。"
【店舗側】 "ハンドマッサージを受けられてみていかがでしたか?"
【お客様】 "最初は痛かったですが、終わった後に体全体がすっきりする感じがありました。"
【店舗側】 "当美容院ではリピーターのお客様のみボディマッサージも行っていますが、受けた感想はいかがでしたか?"
【お客様】 "体のコリが程よくほぐれる感じがして、整体に行くより気持ちよかったです。"

このようにターゲットに合わせたインタビュー形式を作ることで具体的なお客様の声の紹介が可能になります。

--------------------
<まとめ>

お客様の声を利用した価値の訴求法についてご紹介してきました。

客観的な第三者の声を取り入れることは信憑性を高める効果があります。インタビュー形式を上手く活用し、リピーターが増える店舗作りを行っていきましょう。


▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル