美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

サロンのコピーライティング

美容室・サロンのペルソナ活用法!
<⑤サロンペルソナ設定法決定版!>

前回までは、ペルソナ設定による成功事例をご紹介しました。

では、今回はいよいよ美容サロンにあった基本的なペルソナ設定法をお教えします。

<1、ユーザーインタビューをする>

まずは、お客様へのインタビューから始めましょう。

美容サロンの場合は施術をしている時間が長いですから、ぜひお客様へのカウンセリングや会話をしている間にリアルな声を聞かせてもらいましょう。
もちろん、アンケートやカルテへ書き込みをしてもらうのも良いでしょう。

画像13

<2、インタビューで得た事実を振り分ける>

インタビューで得た事実を、お客様皆の共通項や上位にくる概念などを分類してまとめていきましょう。
自分のお店に来るお客様のライフスタイル、人間性などの傾向を統計すると、どのようなものを好み、何を希望しているのかなど、ひとりの顧客像がだんだんと浮かんでくるはずです。

<3、ペルソナ設定項目を決める>

この作業がとても重要です。
一般的な項目に加え、美容室ならではの項目を多く入れていきましょう。
「設定したら自分のサロンのお客様が想像できる」項目であることを意識してください。

画像14

[美容室のペルソナ項目]

・好きな雑誌
・好きな芸能人
・スタイリングに使うもの、またかかる時間(特に美容室)
・サロン利用頻度、単価
・使用しているSNS
・スマホ利用時間

などなど、なるべく多くあげてみてください。

 

<4、設定項目に顧客像をあてはめる>

では、インタビュー結果から抽出されたぼんやりとした顧客増に合わせて、ペルソナ項目をうめていきましょう。
その架空の人物が実在しているように自己紹介できるのが理想的です。
そうすればどのようなサービスを求め、何を希望しているのかも考えやすく、企画が打ち出しやすくなります。
今までの代表的な顧客像と、サロン様がこれから求める理想の顧客像がバランスよくなるように意識しましょう。

画像15

いかがでしたでしょうか?

「ペルソナ」を上手く利用すれば、ターゲット層をしぼることができ、いっそう集客を増やすことが可能になります。
手順通りにすれば決してペルソナ設定は難しくないことがお分かりいただけたと思います。

以上お話した方法があなたのサロン運営のお役にたつことを願っております。


▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル