美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

2月

2月の代表的な記念日と世間のイメージとは?

2月の代表的な記念日と世間のイメージとは?

暦上は春で、梅の花が咲き始めたりもする2月。
しかし寒さも本格的化し、大雪が振ることも珍しくなく、冬真っ只中でもあります。

今回はそんな2月の世間的なイメージや記念日についてご紹介していきます。

2月はどんな季節?

%e7%94%bb%e5%83%8f1画像元 http://www5.hp-ez.com/hp/sayama-clinic/page4/bid-298815

2月になると梅の花が咲き始め、梅の木を横切ると花の良い香りが漂ってくることがあります。

優しく甘い香りは春の到来を感じさせ、気持ちも和やかになります。

また2月は別名「如月(きさらぎ)」といい、春の陽気が更にくる月でもあることから「気更来」とも書きます。

とはいえ近年でも急な大雪が降ることがあり、まだまだ春の暖かさには程遠さを感じずにはいられません。

2月の記念日と言えば?

%e7%94%bb%e5%83%8f2画像元 http://j-ila.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%AF%80%E5%88%86/

2月の代表的な記念日には節分の日があります。
毎年2月3日がその日にあたり、邪気をはらう為に豆まきをするのが昔からの風習となっています。

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、宮中行事として追儺(ついな)という行事が行われるようになり(俗に鬼やらいや厄払いとも呼ばれます)、その行事のひとつ豆打ちの名残りが豆まきというわけです。

(引用元) http://allabout.co.jp/gm/gc/220584/

また近年では節分に恵方巻きを食べると縁起が良いことから、豆まきと合わせて厄落としのイベントとして行われています。

他にも2月14日にはバレンタインデーであり、どちらかと言えば近年では節分よりも盛り上がりのあるイベントデーとも言えます。

バレンタインでは主に女性が男性にチョコレートをプレゼントする習慣が定着しています。

美容業界でもバレンタインデーに乗じたキャンペーンとして商品やサービスの割引等を行う店舗も見かけます。

まとめ

2月の世間的なイメージと記念日についてご紹介してきました。

節分やバレンタインは、2月の代表的な記念日として認知度がありどの業界でも様々な販促企画を行っています。

2月の特徴や記念日を活用し話題性のある販促企画を考えていきましょう。


▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル