美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

サロンのコピーライティング

情報発信でファンを育てる4つの法則

情報発信でファンを育てる4つの法則

個人サロンの経営安定2200店の実績!
リピーター集客ラボを運営しておりますアクティブメディアの清水です^^

さて今回は、美容院・サロンのメルマガやブログなどの効果的な運用方法についてお話します。
動画で詳しくお伝えしています^^

気付きがあったら「いいね!」をお願いします^^

1)ファンを育てる必要性は?

お客様があなたのサロンに
来店する理由が
『値段が安いから』
という場合は、
お客様はあなたのサロンよりも
値段の安いサロンを見つけ次第、

あなたのサロンに
来店しなくなってしまう
ということです。

 

つまり
安定して集客するには
常に地域最安値
しておかねばなりません。
また
値段を安くしてたくさん売る
という価格競争は
資金力のある
大手チェーン店に有利であり
個人サロンでは
勝ち目はありません。

gahag-0061876086-1.jpg

 

つまり
お客様があなたのサロンに
来店する理由が
『値段が安いから』では
だめです。

 

『好きだから』
という理由で来店する場合は、
ライバル店よりも
値段が少し高くても、
安定して集客が
できるようになります。

ということで、
お客様はあなたのサロンが
『好きだから』来店する

すなわち、
あなたのファンに
なってもらうことを
目指しましょう。

 

2)ファンを育てる4つの法則

ファンになってもらう
というのは
簡単なことではありません。

また、一朝一夕で
できることでもありません。

 

あなたのサロンのことを
よく知ってもらわないと
いけないため

たくさんの時間と情報が
必要になります。

 

そうなると
できるだけ効率よく
ファンを作る活動
していきたいですよね?
今回、
情報発信でファンを育てる
4つの法則をご紹介します。
この4つの法則を
押さえておけば、

効率よく
あなたのサロンのファンを
増やすことができますので
是非最後までご覧ください。

 

3)多くの気付きがファン作りの土台になる

お客様をあなたのサロンの
ファンにするには
4つのプロセスを通す
必要があります。

 

そのプロセスとは
「気付き」です。
あなたがお客様に対して
情報を発信する中で

「気付き」

を与えられることができれば、
あなたとお客様は

医者と患者

のような関係になってきます。

frequency_r.jpg

しかし、お客様がすでに
知っている情報を発信しても
気付きは与えられません。

 

お客様が知らない情報や、
「それは、見えていなかった!」
という盲点をついた情報
発信すると気付きは起きます。

 

お客様は気付きが起きると、
あなたのことを

「自分の知らないことを
 たくさん知っている人」

だと思うようになります。
そうして、
医者と患者の関係、
先生と生徒のような関係が
築かれていきます。

 

4)物知りじゃなくても大丈夫

「じゃあ物知りじゃないと
 ファンは作れないのですか?」

と思われたかもしれませんが、
そうではありません。

 

美容のプロである
あなたの視点から見た
日常の話題でも大丈夫です。

 

lgi01b201310130500.jpg
それだけでも
お客様にとっては十分、
非日常的な情報であり、

「気付き」が起きやすく、
面白く感じて、

あなたのファンへの第一歩を
踏み出します。

 

例えば
野球選手のイチローさんは、
プロ野球選手という
独特の視点から見た
コメントが人気ですよね。

o02300382ichiro.jpg

それを集めた本も出版されていて
すごく売れています。

 

また、
将棋の羽生さんは、
将棋で培われた判断力などの
棋士の視点で世の中のことを
話しています。

2622238_01.jpg

こちらの本も
すごく売れています。

 

あとは
スティーブジョブズさん、
孫さん、
ホリエモンさんなどの
ビジネスマンや、

ブラック企業で働くサラリーマンや
家を買うフリーターの話なども
話題を集めました。

 

 

知らない情報を伝えるといことは
何もノウハウを与える
ばかりではありません。

 

 

人や物や世の中を、
美容のプロとしての
あなた独自の視点で伝えることで
十分知らない情報となり
「気付き」を与えることができます。

 

 

春になると、
フェイスブックや
インスタグラムなどの
SNSに桜の写真を
アップしている人が増えます。

さくら.jpg

もちろん、
あなたもアップして良いのです。

 

そこにプロ独自の視点、

例えば

2012-08-03_213d0.jpg

「春は乾燥しているので
 私はこう美容液を使っています」

といった話を
付け加えてみましょう。

 

梅雨であれば

「髪がうねってきたら
 私はこうピンを使います」

などなど。
プロ独自の視点さえ
維持していれば情報発信に
困ることはないはずです。

 

5)まとめ&次回予告

まとめますと、

プロ独自の視点で
日常の情報を
お客様に発信する

すると、
お客様に気付きを
たくさん与えることができ
医者と患者の関係性ができてくる

それが
お客様があなたのファンになる
第一歩です。

ぜひこの法則を
覚えておいてください。

 

次回は「気付き」を与えた
次の法則を紹介します。

お楽しみに♪


▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル