美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

サロンのマーケティング

【美容院・サロン集客の具体策】意外と難しい1対1マーケティング

【美容院・サロン集客の具体策】意外と難しい1対1マーケティング
前回、個人経営の美容院・サロンがフランチャイズ店舗に打ち勝つには1対1の関係性を強化することが大切であるとお話しました。
さて、今回はどのように1対1の関係性を強化していくべきか?具体策を紹介します。
 
 

 

1)なぜ、1対1の関係が大切なのか?

インターネットが空気と同じように当たり前の存在になった今、人は自分に必要な情報を簡単に手に入れられるようになりました。
 
サロンを利用する人もより自分の好みに合ったサロンを簡単に探せるようになったのでニーズが昔よりも具体的かつ細分化されるようになりました。
 
例えば・・・
▼昔のニーズ
髪形を変えてイメージチェンジしたい
 
 
▼今のニーズ
就職活動中なので、子供っぽく見える今の自分を洗練された大人の女性に見えるようイメージチェンジをしたい
という形です。
 
↑の今のニーズに合った美容院はスタイル写真などを見ることで簡単に見つけることができます。
d466a8f3b3ad12ee30122c3c91f262b1-768x758.png
サロンを探している段階から自分の細かいニーズにマッチしたお店を見つけることができるわけですから、
 
実際に利用するサービスも。
アフターフォローも。
自分のニーズに合ったものを求めるようになるのは自然なことと言えます。
 
 
上記のような理由から「○○さんのお好みは□□ですよね」という1対1の対応が喜ばれます。
集客において大切なポイントです。
 

 

2)意外と難しい1対1マーケティング

お客様それぞれに合わせたそれぞれのサービスをする
 
それはマーケティングの理想形です。
 
ただ、この理想を叶えるのは意外と難しいのです。
客数が少ないうちは個別のサービスを行うのは難しくありませんが、客数が増えてくるとどうしても手が回らなくなってきてしまいます。
 
 

3)私たちがリストアップします!

1対1マーケティングを全てのお客様に!
 
というのが理想ですが現実的ではありません。
 
 
であれば、一部のお客様に対して1対1マーケティング行っていくわけです。
 
 
一部とはどのお客様か?
 
 
それは、サロン経営において重要度の高いお客様です。
 
 
 
例えば以下のようなお客様。
 
 
・リピーターになりそうな新規客
 
・離反しそうな常連客
 
 
↑のようなお客様の存在を気付いてリストアップしてお知らせするサポートを私たちは行っています。
11014006053.jpg
サロンオーナーは、そのリストのお名前を見ながらそのお客様に合わせた内容のメールを作って配信します。
 structure-method_3.png
このように重要な部分に集中して1対1マーケティングを行うことで多くの美容院・サロンがリピート率の大幅アップに成功し利益を大きく増加させています。

▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル