美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

12月

12月の世間的イメージと記念日とは?

12月の世間的イメージと記念日とは?

1年の締めくくりでもある12月。

振り返れば長いようであっという間だったと毎年思うのがこの季節です。

また、年末年始に向けても何かと忙しく落ち着かない人も多いのではないでしょうか。

そんな12月の世間的なイメージや記念日についてご紹介していきます。

12月はどんな季節?

画像1画像元 http://kirarian.com/bounenkai-keihin-587

12月といえば忘年会シーズン。
会社の同僚や友達など、人によっては連日忘年会をするという人もいるのではないでしょうか。

年末年始まで何かとイベントや行事などがあり忙しいイメージのあるのが12月です。

12月の記念日といえば?

画像2画像元 http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20141224/Wooris_114687.html

12月の記念日と言えば12月23日の天皇誕生日。
何の日かを知っている人は多いと思いますがどういった日なのかを理解している人は意外に少ないかもしれません。

天皇誕生日とは「今上天皇(きんじょうてんのう)の誕生日を祝う日」
として平成元年から12月23日に制定されました。
今上天皇とは、現に在位する天皇の呼び方のことです。

天皇誕生日には宮中では一般参賀や祝賀の儀などが行われ、参列者は日章旗の小旗を振りながら出迎えをします。

そしてその後日には待ちに待ったクリスマス。
正式には24日がクリスマス・イブ、25日がクリスマスですがイベントとしてのクリスマスはどちらも同じような扱いになっています。

街中がクリスマスムード一色になりツリーやイルミネーションが至る所で見られるようになります。

クリスマスが終われば12月の最終日は大晦日が控えています。
家族で紅白を見ながら、除夜の鐘を聞きながらなどそれぞれの1年の終わりを楽しむのも良いものです。

12月は特に年末商戦ともあってどの業界も最後の追い込みをかける季節でもあります。

美容業界でもクリスマスや正月前に髪を整えておきたいという人も多く様々な年末企画が打ち出されます。

まとめ

12月の世間的なイメージと記念日についてご紹介してきました。

1年の最後ともなる月で、何かと忙しくなる季節ですがクリスマス商戦も相まって販促企画にもうってつけの月とも言えます。

有終の美を飾る企画で1年を終え、新しい年に向けての一歩にしていきたいものですね。


▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル