美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

サロンのコピーライティング

新規客35%増!?美容室・サロンの集客メディア活用術!すぐに使える具体策を伝授!

新規客35%増!?美容室・サロンの集客メディア活用術!すぐに使える具体策を伝授!
今回は、美容室・エステ・ネイル・アイビューティー・リラクゼーションサロンなどの集客についてお話します。
あなたが経営されているサロンでは、これまでにどのような方法で新規客を獲得してきましたか?
看板・チラシだけでなく、インターネットを使って集客したこともあるのではないでしょうか。
出来るだけお金をかけずに、忙しい中手間がかからない方法で、様々の集客メディアをシンプルかつ効果的に活用する方法を伝授します。
当たり前のお話ですが、お客様は「あなたのサロンの存在」を知らないと来店することはできません。
インターネットの普及によって情報で溢れている今、この『知ってもらう』という事こそが、とても難しくなってきています。
 
 
は、看板を出していれば「あそこに美容室(サロン)があったわね!」と、近所の人に覚えていただけました。
そして、あなたやスタッフの皆さんで街頭でチラシを配ったり、ぱどやホットペッパービューティーなどのタウン誌で掲載したりして、お客様にあなたのサロンのことを知ってもらい来店してもらっていたと思います。
 
 
 
はどうでしょうか?
 
美容室・サロン業界に限らず街に様々な看板が溢れたのはもちろん。
スマホを見ながら、音楽を聴きながら、街を歩く人が増えています。
人は何かしらの情報を常に手に入れながら歩いているわけですから、現在の自分に不要な情報のインパクトは薄れてしまいます。
 
例えば、美容室の場合は『髪が伸びた』『イメージチェンジしたい』と感じた時。
サロンの場合は『肌荒れが気になる』『もうすぐ知人の結婚パーティーがある』などと感じた時。
その時は必要な情報と判断されてサロンの看板を見ただけで覚えてもらえるでしょう。
ただ、看板を見てすぐ美容室・サロンに入る人は多くありません。
 
 
多くの人は看板を見た後に、その美容室・サロンを調べるはずです。
街で配られているチラシを見ても、タウン誌で見ても同じです。
 
美容室・サロンを調べる時、ほとんどの人はインターネットで検索すると思います。
 
 

 

1)集客メディアのメインはインターネット活用?

そこで活躍するのがホームページですよね。
あなたのサロンでもホームページか、それに代わる何かをインターネット上をお持ちではないでしょうか。
現在は、お客様はあなたのサロンの存在を知った後に、必ずインターネットで調べて、ホームページなどを見てから来店します。
 
もしホームページをお持ちじゃなくても、ホームページ代わりに運用出来たり、ホームページがあっても同時に運用しているサロンも多いんじゃないかと思いますSNSです。
 
・アメブロ
・フェイスブック
・ツイッター
・インスタグラム
 
など、これらのインターネット集客メディアであなたの美容室・サロンのことを知って来店するお客様もいらっしゃいます。
 
 
そして、「美容室・サロンに行きたい」という願望をすでに持っている人の場合は、ホットペッパービューティーのようなポータルサイトで自分の願望を叶えてくれる美容室・サロンを探して、それがあなたのお店だった場合に来店されます。
 
ちなみに、ホットペッパービューティーで集客する方法をまとめた資料をプレゼントしておりますので、こちらからダウンロードしてご覧ください。
 
 
さて、ということで現代の集客では、インターネット集客メディアを活用することは避けては通れません。
 
集客メディア活用=インターネットメディア活用と言っても大げさではありません。
 
さて、その集客メディアですが、こちら(↓)に出ているだけでも、たくさんの種類がありますよね。
 
 
確かに複雑化してきてはいるのですが、その分多様化しています。
コツをつかんで運用すれば個人経営サロンでも大手企業に負けない集客ができるチャンスが十分にあります。
 
次の章で詳しくお話していきます。
 

 

2)ブログなら個人サロンでも大手に負けない情報発信ができる

まず前章で紹介した集客メディアの整理から始めたいと思います。
 
 
まず看板、チラシ、タウン誌などは『リアル』。
すなわち物理的に紙などを使ったリアル集客メディアですよね。
 
そして、ホームページやアメブロ、YouTubeなど、インターネットで検索して見ることができる集客メディア。
これはオープンメディアと呼ばれるものであり、発信した情報がどんどん貯まっていくストック型メディアともいいます。
一方、フェイスブックやツイッターやインスタグラムなどの集客メディア。
こちらは相手に発信ができるクローズドメディアであり、発信した投稿が時間と共に流れていくフロー型のメディアといいます。
 
そしてホットペッパービューティーに代表されるサロン検索ポータルサイト。
こちらは広告媒体です。
 
ここまで紹介したものがインターネット集客メディアとしてまとめることができます。
この中で資金力がものをいう集客メディアが、看板と、チラシと、タウン誌ポータルサイトなどの広告媒体です。
これらは大手企業の資金力には敵わないので、個人経営サロンがこの集客メディアで勝負するのはちょっと無理があります。
 
 
そして、アメブロYouTubeと、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムですが、こちらはあなたのサロンが運営しているのではなく、他社が運営している集客メディアとなります。
これらのメディアに集客を依存しすぎてしまっていると、この先これらのメディアが有料になったり、昨年DeNAのキュレーションサイトMeryのように突然閉鎖になったりした場合は一気にピンチになってしまいます。
つまり集客メディアのメインを他社に依存してしまうのは非常に危な状態であると言えます。
 
 
ということで残るは、自社で運営するウェブサイトいわゆるホームページです。
こちらであれば書いた記事が全てあなたのサロンの資産になっていきます。
 
例えば、アメブロをメインに運用していた場合は、アメブロを運営しているサイバーエージェントがなくなってしまった場合は、あなたがこれまでアメブロに書いてきた記事が全て消えてしまいます。
そしてアメブロは商用利用が禁止ですので、サロンのセール情報などをブログに書いてしまうと、アメブロの中にある、あなたの記事がサイバーエージェントに消されてしまう・・・ということもあります。
 
つまり、あなたの大切な資産であるブログ記事を他人の手に委ねているという非常に危険な状態です。
 
 
一方ホームページであれば、インターネットがこの世からなくならない限り、あなたのサロンの記事はずっと残り続けます。
記事がたくさんあればあるほど、お客様がインターネットで検索した時に上位に表示されるようになります。
これは「検索した人にとって役に立つ情報である」とGoogleのロボットに判断されると、どんどん上位に表示されるようになるという仕組みです。
つまり上手く運用することでお金をかけずとも大手企業よりも注目を集め、集客できます。
 
そして、ブログで上手く集客するコツの一つが自社ホームページで書くということです。
ブログを書いているメディアが他社が運営するサービスの場合は、そのサービスの宣伝を優先されてしまう仕組みになっているので不利になってしまうからです。
 
さらに、上手く集客するコツをもう一つ紹介します。
ブログの場合、インターネットで検索された時に上位に表示されるために最低限、必要となる文字数というものがあります。
実際どのくらいの文字数が必要なのか、キーワード別に上位10サイト(検索順位1位~10位)を分析して、上位表示に必要なブログの文字数を調査しました。
 
上位に表示されたブログの50%が4000文字以上で、
3000~3999文字が20%
2000~2999文字が20%
1000~1999文字が10%
 
ということで
(上位を目指すためには他にも細かいロジックはありまして、今回その話は省略しますが)
ブログで効果的に集客するためには2000文字以上にすることが目安と言えそうです。
 

 

3)アメブロ・フェイスブック・ツイッター・インスタグラムで口コミを増やす!

 
自社で運用するホームページが重要だとお伝えしていますが、
「それではアメブロ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムとかは必要ないのか?」というと、そうではありません。
これらはホームページに誘導する集客メディアとして必要です。
 
では、「ホームページに誘導するのであれば最初からホームページだけで良いんじゃないですか?」と思われるかもしれません。
 
しかし、こういったメディアにはホームページよりも断然優れている点があります。
それは、口コミによる情報の拡散です。
 
あなたの美容室・サロンの情報を見て気に入った人、例えば既存のお客様だとして、その人が「いいね」を押してくれます。
「いいね」が押されると「〇〇さんがいいね!しました」と押した人の友達に紹介されます。
既存のお客様の友達ということは近所に住んでいる同年代の気が合う人の可能性が非常に高いのであなたの美容室・サロンのお客様になりやすい人と言えます。
あなたの美容室・サロンのお客様候補の人達に信頼できるお友達から口コミによって情報が伝わっていくのです。
 
そして、友達からの紹介であなたの美容室・サロンのホームページを見て、気に入った人は来店してれるようになります。
こうした拡がりを利用したのがSNSを使った集客です。
ただ、美容室・サロンでSNSという集客メディアを使う場合に注意しないといけない部分もあります。
詳しくは以前紹介した以下の記事や動画をご覧ください。
 

 

4)できるだけ手間をかけずに集客したい…

自分のサロンのホームページと他のメディアも必要なことはわかった!
でも全部やるのは大変じゃない?
 
何を書けばいいかわからないし…
 
忙しくて、そんな時間ないし…
私のクライアントからもそんなお声を多くいただきます。
でも心配いりません。
 
ホームページに書いているブログと、同じ内容をそれぞれのメディアに投稿して大丈夫です。
 
お客様の中には
・アメブロを普段使いする人、
・ツイッターを普段使いする人、
・インスタグラムしかやっていない人、
など様々な人がいます。
 
ブログの読者とSNSの読者は同じではありません。
 
 
ホームページにはしっかりとした内容でブログを書き、あとはその紹介をそれぞれのメディアで行うだけでOKです。
そうすることで全ての人を対象に情報を発信することができ、『いいね!』による拡散も期待できます。
 
さらにSNSから、あなたのサロンのホームページに来てもらうことでアクセス数を増やして、ホームページの威力をパワーアップさせることにも繋がっていきます。
 
 
 
<例>—————
あなたの美容室・サロンがホームページでのブログというメインメディアと、フェイスブックというサブメディアを持っていたとします。
 
ブログの内容をフェイスブックで5行ほどの短い文章で紹介し(6行の理由はタイムラインで表示される行数だからで機種にもよりますが、それ以上は「もっと見る」で消えてしまうからです)フェイスブックを見て気になった人はホームページに移動してあなたのブログを読みます。
お客様の中には「ブログしか読まない人」、「フェイスブックしか使っていない人」、様々な人がいますが、両方に情報を載せておくことで全ての人に見てもらうことができます。
 
そして、フェイスブックの投稿やブログの記事を読んで気に入った人は「いいね!」を押してくれますので、その友達にあなたの情報はどんどん紹介されて広がっていきます。
————————–
 
大切なのはメインメディアをホームページとして運用する事です。
 
そしてホームページの一番重要な目的は「集客」すること、すなわち「予約」をしてもらうことですよね。
それ以外の目的は「いいね!」による拡散や、ブログをまた読みたいと思ってブログをブックマークしてもらいホームページに再訪問してもらうことです。
 
ただ、「いいね!」は、よほど気に入った内容のブログか、よく読んでいるお気に入りのブログとかでないと押されにくく、よく読んでいるお気に入りのブログになるにはブックマークして再訪問してもらう必要があります。
このブックマークというのは、してもらいにくい傾向があります。
 
ですので間にもうワンクッション入れておくと、さらに大手に負けない情報発信がパワーアップします。
それは次の章で詳しくお話します。
 
 
 
それでは、今回の内容をまとめますと、まずはホームページで情報を発信しましょう。
そして、その内容を様々なメディアで発信して読者に広げていってもらいましょう。
そうすることで、あなたのサロンのお客様は確実に増えてくるはずです。
 

 

5)たった1つの活動でインターネット集客を自動化

前章からの続きです。
ホームページの一番重要な目的は「集客」すること、すなわち「予約」をしてもらうことですよね。
そして、それ以外の目的は「いいね!」による拡散や、ブログをまた読みたいと思ってブログをブックマークしてもらいホームページに再訪問してもらうことです。
 
ただ、「いいね!」は、よほど気に入った内容のブログか、よく読んでいるお気に入りのブログとかでないと押されにくく、よく読んでいるお気に入りのブログになるにはブックマークして再訪問してもらう必要があります。
しかしながら、このブックマークというのは、してもらいにくい傾向があります。
 
特に私たちが独自に行ったアンケート調査の結果から「お客様がサロンにリピートしなくなる理由」の多くは「何となく」や「忘れていた」であるということが分かりました。
※詳しくは以下の資料をダウンロードしてご覧ください。
実際に来店したことあるサロンのことも「忘れてしまう」わけですから「ホームページのブログ」となるとなおさら忘れられやすくなります。
ですので間にもうワンクッション入れておくと、さらに大手に負けない情報発信がパワーアップします。
 
 
そのワンクッションというのはメールアドレスの登録です。
お客様があなたのサロンに来店した時はもちろん!ホームページに来てブログを読んでもらった時にも、できるだけメールアドレスという情報をいただいておきますしょう
 
そして、ブログを更新したら、そのお知らせをメールで送って思い出してもらいます。
まとめますと、お客様はあなたのサロンのことを忘れてしまいがちです。
思い出してもらうためにメールで送ってホームページの中のブログを読んで、予約をしてもらいましょう。
 
 
ここでよく受ける質問をご紹介します。
「LINE@が流行していますが、メールの代わりになりますか?」という質問です。
 
 
こちらはLINE株式会社という他社に依存する形になってしまいます。
あなたのお客様の情報を他社に委ねる行為になりますので非常に危険です。
 
ですので、どうせ聞き取るのであれば必ずメールアドレスの方を聞き取っておきましょう。
 
 
また、メールアドレスを聞き取って発信するという活動は、リピーター維持という新規集客の受け皿を作ることにもつながっていきます。
 
 
図で説明します。
看板やチラシやタウン誌を見てあなたのサロンの存在を知った人は来店する前にあなたのサロンのことをインターネットで調べてホームページなどを見てから来店します。
 
アメブロ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどであなたのサロンの存在を知ってホームページなどを見て来店することもあります。
 
そして、サロンに行きたいという願望をすでに持っている人の場合は、ホットペッパービューティーのようなポータルサイトで自分の願望を叶えてくれるサロンを探して、
それがあなたのサロンだった場合に来店されます。
 
ここで大切なのが、どんな形での来店であれ、必ずお客様のメールアドレスを聞き取っておくことです。
もしも聞き取っておかないと、ホットペッパービューティーから来店したお客様にもう一度来店してほしい場合は、またホットペッパービューティーから予約してもらわないといけなくなります。
 
一方、メールアドレスをきちんと聞き取っておけば、お客様に直接リピート来店を促すメールを発信することができるようになります。
 

 

6)美容室・サロン集客において一番価値の高い情報とは?

サロンの場合は、初来店時に必ずカルテを記入する業界ですので
・お名前
・生年月日
・ご住所
・電話番号
などは聞き取っていると思います。
 
しかし、このメールアドレスがきちんと聞き取れていない!もしくは、あまり重要視していなくて聞き取っていないサロンが実は結構多い!という印象を私は持っています。
 
お客様も「サロンを利用する時は自分のことを聞かれる」と分かって来店します。
サロン側で「メールアドレスも書いてくださいね~」と一言いうだけで得られる情報です。
 
このメールアドレスを聞き取っておかないというのは非常にもったいないことです。
お客様のメールアドレスという情報は、美容室・サロンの集客において非常に価値の高い情報なんです。
 
 
世界的に有名なWEBプロモーションの権威ジェフ・ウォーカーという人がいます。
こちらのザ・ローンチという著書で日本では有名でプロダクトローンチというWEBのプロモーション手法を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
このジェフ・ウォーカーさんは著書でこんなことを言っています。

メールアドレスはフェイスブックフォロワーの20倍の価値を持っている!!
 
今回、プロダクトローンチという手法の説明は省きますがWEBプロモーションで世界的権威がある人も「WEBから売上を出すためにはメルマガが最も効果的である」と言っています。
この非常に価値の高い情報を聞き取っておかないのは非常にもったいな状態であると言えます。
 
 
そして、この章のまとめですが、たった一つの活動だけでWEB集客を自動化できる最強メディアとはメールです。
 
具体的な流れで説明しますと、まずはホームページのブログを2000文字以上で書きSNSで紹介します。
そして、一度サロンに来店した人や、ホームページからメール登録した人などにブログの紹介をメールで送ってホームページに誘導します。
 
こうすると全てのお客様が、あなたのホームページを通ってから来店するようになりますので、ホームページのアクセス数も増えて集客力もアップします。

7)お客様はサロンからの情報発信が好き?アンケート調査結果を公開

ブログを書いてSNSとメールで紹介するというたった1つの活動だけで、リピート対策だけでなく、新規集客もパワーアップする最強のメディア、それがメールです。
 
「メールがそんなに効果が高いなんて本当ですか?」と思われたかもしれません。
 
それでは、お客様はどれくらいの頻度でサロンからの情報が欲しいのか?
美容院・サロンを定期的に利用する男女592人にアンケート調査を行いましたので、その結果を公開します。
 
詳しいアンケート調査結果は無料WEBセミナーで紹介しますので是非ご参加ください。
今回は「情報の内容」と「発信の頻度」について詳しくご紹介します。
サロンから発信される情報として、どのような内容が好ましいですか?とお客様にアンケート調査した結果がこちらです。
 
1位 → アフターフォロー 26.9%
2位 → ホームケア 23.0%
3位 → セール 20.3%
4位 → 季節に関した情報 16.0%
5位 → お悩み解決ノウハウ 15.7%
6位 → 祝日に関した情報 13.0%
7位 → プライベートブログ 7.3%
 
という結果でした。
これらの情報をお客様は求めています。
 
 
通常ファッション業界である美容院やサロンはインスタグラムやタンブラーやピンタレストなどの写真を投稿するビジュアル訴求型のメディアの方が効果的に思えます。
しかし、アンケート調査の結果、お客様が求めている情報がアフターフォローやホームケアが上位だったということは、「感謝の言葉」や「いたわり」や「ノウハウ」を求めているということが分かりました。
となると文章を投稿するメディアであるブログやアメブロと非常に相性がよく、それ以外だと文章と写真をバランスよく投稿できるフェイスブック短い文章で短時間で訴求できるツイッターなども相性が良いメディアであると言えます。
 
 
そして、もう一つのアンケート。
サロンから情報発信は、どのれくらいの頻度で受け取りたいですか?アンケートしてみた結果はこちら
 
1位 → 毎日19.9%
2位 → 毎月16.2%
3位 → 毎週15.5%
4位 → 2~3週間13.7%
5位 → 2~3ヶ月13.3%
6位 → 2~3日12.2%
7位 → 1年もしくは必要なし5.7%
8位 → 半年3.4%
 
注目して頂きたいのが1位と7位です。
サロンからの情報であれば毎日でも良いという人が20%近くもいました。
そしてサロンからの情報はほとんど必要なしと答えた人が5%ほどしかいません。
 
つまり、お客様はサロンからの情報を欲しがっているということが分かりました。
ブログやメルマガなどで情報発信をしていないサロンは非常にもったいない状態であると言えます。
 
 
ここでブログメルマガでの集客が上手くいっているサロンの事例を紹介します。
長野県にあるエステサロン、SalonNachi様では、ブログの内容をメルマガで紹介し、お客様とのコミュニケーションを向上して売上が大きく増加しました。
※詳しくは以下の成功事例の記事をご覧ください。
Salon Nachi様では、「お客様の声」としてブログに掲載して、メールで、全てのお客様にお知らせして、ブログを読んで頂き、予約を促しています。
 
このメールを読んだお客様が1ヵ月以内に来店する確率は平均で20%以上です。
一般的なメルマガの来店率が3~5%ほどと言われてる中で4倍以上の効果が出ています。
 
その結果、SalonNachi様では売上が180%もアップしました。
ブログの内容をメールで発信するという活動が売上アップにも大きく貢献するというが分かります。
 

 

8)どんな情報を発信すれば良いか分からない…

私はこれまでSalonNachi様のような店舗、2200以上の集客サポートをしてきました。
 
その中で私はメール配信によるリピート集客を中心としたノウハウをクライアントのサロンオーナーにお伝えする中で、本当によくある質問がこちら
「ブログやメルマガに何を書けばいいですか?」です。
 
 
ブログやメルマガを、すでにサロンで『やっている』『やっていない』に関わらず皆さんよく気にされています。
この質問を受けて私の返答はこちら
「お客様が喜ぶ情報なら何でも大丈夫ですよ」とお答えしています。
 
 
お客様が喜ぶ情報と聞いて「え?それが難しいんですよね…?」と、もしもあなたが思ったら、この章の内容を是非参考にしていただきたいんですね。
美容室・サロンを利用するお客様が喜ぶ情報を発信するのは決して難しくありません。
あなたがいつもサロンで行っている業務を文章にしてブログやメルマガで発信するだけでOKなんです。
 
例えば、お客様からよくある質問はなんですか?
 
そして、あなたはその質問に何と答えますか?
 
自分の悩みや気になっていたことにプロが答えてくれるわけですからお客様にとって、とても有益な情報です。
 
 
例えば「一人でやれるホームケアを教えてください。」という質問が多いサロンはこの質問をそのまま見出しにしてください。
 
そして、本文で詳しいホームケア方法を教えつつ次回の来店オススメ時期をしっかりと伝えていく。
そうすることで有益な情報を読んだお客様はサロンに『信頼感』が芽生え、「信頼しているサロンがオススメするなら…」と思い、次回来店のオススメがサロンからの『宣伝』ではなく『アドバイス』となり、すんなり受け入れてもらえるようになります。
 
そして、お客様はサロンの、そしてあなたのファンになっていきます。
 
『お客様のお悩み・疑問に答える』
 
これはあなたが普段からしているサロン業務と同じだと思います。
決して難しくありませんし、むしろ楽しんで出来るはずです。
 
まずは、そんな有益な情報をお客様に発信してみてください。
必ず変化があるはずです。
 
 
もう一つのオススメはタイムリーな内容で、一番わかりやすいのが季節です。
 
今の季節あなたのお客様の
体調や、
心や
生活は、
どのような変化が起こるでしょうか?
 
そしてその変化にあなたのサロンはどのような貢献ができるでしょうか?
それをブログやメルマガで発信してください。
季節の話題はお客様にとって「今の自分に関係のある話」になりやすいので注目度が高い!という特徴があります。
 
もちろんインターネット上でもタイムリーな話題は普段よりも検索されやすくなりますのでブログの新しい読者が増えるという可能性も高いというのが大きなメリットです。
 
その参考にしていただけるようにそれぞれの季節の特徴や祭日などをまとめて、美容サロンの大手チェーン店はどのようなキャンペーンを行っているのか?という事例付きで解説するPDF資料をプレゼントします。
無料でダウンロードできてスマホでも読めますので是非ダウンロードしてください。
 

 

9)美容のプロであるあなたの話は喜ばれる

「じゃあ物知りじゃないとファンは作れないのですか?」と思われたかもしれませんが、そうではありません。
 
美容のプロであるあなたの視点から見た日常の話題でも大丈夫です
それだけでもお客様にとっては十分、非日常的な情報であり、「気付き」が起きやすく、面白く感じて、あなたのファンへの一歩を踏み出します。
 
例えば野球選手のイチローさんは、プロ野球という独特の視点から見たコメントが人気ですよね。
それを集めた本も出版されていてすごく売れています。
 
また、将棋の羽生よしはるさんは、将棋で培われた判断力などの棋士の視点で世の中のことを話しています。
こちらの本もすごく売れています。
 
あとはiPhoneの生みの親であるアップル社のスティーブジョブズ、ソフトバンクの孫まさよしさん、ホリエモンこと堀江たかふみなどのビジネスマンや、ブラック企業で働くサラリーマンや家を買うフリーターの話なども話題を集めました。
 
知らない情報を伝えるといことは何もノウハウを与えるばかりではありません。
人や物や世の中を、美容のプロとしてのあなた独自の視点で伝えることで十分知らない情報となり「気付き」を与えることができます。
 
 
 
春になるとSNSに桜の写真をアップしている人が増えます。
みんなアップしてるし、サロンと桜は関係ないからアップしちゃダメですよね…と思うかもしれませんが、あなたもアップして大丈夫です。
そこにプロ独自の視点があればOK!
 
例えばエステサロンであれば
「春は乾燥しているので私はこう美容液を使っています」
といった話を付け加えてみましょう。
 
美容院であれば
突風でもアップスタイルを崩さないために私はこうヘアピンを使います」
などなど。
 
プロ独自の視点さえ維持していれば情報発信に困ることはないはずです。
 
 
まとめますと、
 
プロ独自の視点で日常の情報をお客様に発信する
 
すると、お客様に気付きをたくさん与えることができ医者と患者の関係性できてくる
 
それがお客様があなたのファンになる第一歩です。
ぜひこの法則を覚えておいてください。

 

10)あなたのサロン集客の邪魔をしているのは○○!

 
さて、前章まで紹介した2つノウハウ
・お客様からの質問とその返答
・季節のお話
ですが、両方とも普段サロンであなたとお客様が話されていることだと思います。
ですので、発信するネタに困るということはあまりないと思いますので、どんどん発信していきましょう。
 
発信できない、書けない原因で一番多いのが完璧主義です。
 
これが継続して情報を発信する!という活動の一番の天敵です。
 
あなたが、ブログやメルマガを書いて発信しようとした時に
「こんな内容でも良いのかなぁ…」
「もっと役に立つ美容や健康の最新情報を発信した方が良いんじゃないかな?」
とか思い発信を躊躇したことはありませんか?
 
「もっと良い内容にしよう!」と書き直したり、書くのをやめたこともあるのではないでしょうか?
そうするとブログのネタを探すために普段の業務と無関係の勉強を頑張らないといけなくなったり、勉強する時間が作れない場合は何も発信できなくなってしまったりします。
 
美容室・サロンと、そのお客様との接触する機会が少なくなっていまうと「なんとなく」や「忘れていた」という理由で離れていってしまうことも多くあり非常にもったいないことになります。
 
 
あなたにとって日常的な話題でも美容のプロであるあなたの話題は『お客様のとって非日常的な話題』です。
あなたにとって50点のブログの内容でも100点と感じる読者もいます。
ですので、まずは情報をどんどん発信していきましょう。

 

11)お客様が喜んで予約するために必要なもの

・ホームページ
・メルマガ
・ブログ
・SNS
・チラシ
などの全ての集客メディアを効果的にして、新規客をドンドン獲得するために大切なことは『予約しやすい状況を用意してあげること』です。
全ての集客メディアから、ホームページの予約フォームに誘導して予約を促しましょう。
そのために強くオススメしたいのがWEB予約システムです。
WEB予約システムを導入すると、どんなメリットがあるのか?簡単にご紹介します。
WEB予約の良いところは「お客様が便利になって喜ぶ」という点です。
 どのように便利になるのかというと「いつ予約できるのか?」が問合せしなくとも一目で分かることです。
もう一つの便利な点は、24時間いつでも予約ができることです。
WEB予約システムがない場合、
例えば、あなたのサロンに予約したいと思っているお客様がいて、
「来週の水曜の14時からなら暇なんだけど、今夜中だし問合せしても答えてくれないよね…」という感じで、「また明日にしよう」と先延ばしにされてしまったり・・・
 
先延ばしにされている間にライバルサロンの情報が入ってきたりしてしまい、お客様が離れてしまうということも考えられます。
 
 
また、新規集客の面でも不利になります。
ポストの中に入っていたチラシで気になって、チラシの中に書いてある電話番号に電話してみたけど繋がらなかった…「また後で電話しよう」と思っている間に忘れたり、興味が薄れたりすることも考えれます。
 
実際に私も、家のポストに入っていた近所の整体院のチラシを読んで、その時ちょうど腰が痛かったので電話してみましたが、繋がりませんでした。
また後で電話してみようかな?と思っている内に忘れたり、思い出し頃は営業時間外だったりして、電話するのが面倒になった経験があります。
 
WEB予約システムを導入することで、お客様が便利になって喜ぶだけでなく、こうした機会損失を防ぐことができるのができます
 
特に弊社のWEB予約利用データを見ても50%以上のお客様がサロンの営業時間外に予約をしていることが分かりました。
24時間いつでも予約ができる状態を作ることで来店客数を増やすことができます。
 

 

12)サロンワークに集中しながら予約を増やした事例

 
さらに、サロン側にもメリットがあります。
東京都練馬区の美容室、ソレイユ様では『新規客が35%増えました!』というオーナーのお喜びの声をいただき、
 
北海道札幌市の美容院、ヘアーサロン宮本様では24時間予約できるようにすることでお客様が喜んでくれている』とお喜びの声をいただき、
北海道札幌市の美容院、クラッセヘアー様では『予約したお客様に送られる「ご予約ありがとうございます」のサンキューメールや、来店日前日に送られる「明日は予約の日ですよ」というリマインドメールのおかげできめ細かいフォローが手間をかけずに出来るようになった』とお喜びの声をいただき、
岩手県宮古市の美容院、ラフアン様でも『手間をかけていないのに手厚いフォローができるようになったので助かっている』というお喜びの声もいただいています。
WEB予約を導入することで、お客様が便利になって喜ぶというメリットだけでなく、サロン側も手間がかからなくなるので、その分手厚いフォローができるようになります。
その結果、お客様にさらに喜んでもらえるようになりリピート率も上がります
 
料金もそんなに高いものではありません。
例えば私たちの提供するWEB予約システムであれば月額5,000円、初期費用10,000円ほどで導入できてしまいます。
※システムに関してはこちらのページをご覧ください。
WEB上に予約ページをお作りしますので、ホームページに予約ページを埋め込めるようになります。
 予約するお客様は必ずあなたのホームページを通ることになりますので、アクセス数が増えて、ホームページ集客力もアップします。
 
分かりやすく全体の流れで同じを図を使ってお話しますと、名刺やショップカード、街頭で配ったり、ポスティングするチラシの中に、あなたのホームページに誘導するQRコードを付けます。
お客様は、そこからホームページに移動して、その中のWEB予約ページから予約してあなたのサロンに来店します。
そしてアメブロ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムの投稿の中にWEB予約はこちらというボタンを設置してホームページに誘導し予約を促します。
また、ホットペッパービューティーを見て予約してきたお客様もご来店時にしっかりとメールアドレスを聞き取っておくことでその後はメールで予約を促すアプローチが可能となります。
 
・名刺
・ショップカード
・チラシ
というオフライン集客メディアと、
 
・アメブロ
・フェイスブック
・ツイッター
・インスタグラム
・メール
などのオンライン集客メディア、
 
全ての集客メディアからのゴールをホームページに埋め込んだWEB予約ページに設定することで、アクセス数が増えて、あなたのホームページの集客力もアップします。
すなわち、新規集客とリピーター集客を同時に行えることができるようになります。
もしも、あなたがすでにWEB予約を持っていたら一度全ての集客メディアからのルートを整理してみてください。
 
そして、これからメディアを増やしたいと思っているのであればWEB予約の導入をご検討ください。
集客メディアのルート整理のご相談は無料ですし、弊社はWEB予約システムの開発とご提供もしていますのでお気軽にお問合せください。
 
それでは最後に今回の話をまとめます。
リアルとWEB、両方の集客メディアを同時に強化するためにはホームページから予約しやすいようにWEB予約システムを利用する。
そして、全ての集客メディアの着地点をホームページの中にあるWEB予約ページに設定することです。
あなたの美容室・サロン集客のヒントに少しでもしていただければ幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル