美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

サロンのコピーライティング

美容室・サロンにおけるDM集客とは

美容サロンオーナーの方はどのように集客をしていますか?

今はネット、SNSなど、さまざまな媒体でお店の情報をお客様に伝えられる時代です。

でも、そんな時代だからこそ忘れてはならない集客方法の一つとして、DM(ダイレクトメール)があります。

昔からある単純な方法ですが、有効に活用すればあなたのお店の集客を必ず増やしてくれるはずです。

DM集客-1

1、 特徴

DMは個人あてに直接おくる広告のことで、郵便やメール便で送付される宣伝手段をさしていますが、今は電子メールのDMが主流になりつつあります。

DM集客の特徴として、ターゲットを絞れることがあげられます。
WEBサイトやSNSでの集客が主流となりつつありますが、まだまだ郵送DM、電子メールDMでの集客には効果があることは間違いありません。
特定のお客様に送付することができるのでお客様の心をつかむことができやすくなります。

2、メリット

DM送付のメリットは、特定のお客様にアピールができるので反応率が高いという点にあります。

チラシは地域を限定して配布できますが、誰がサロンに来てくれる可能性がある人なのか、ということは分からずに配り続ける必要があるので、この点はDMの強みといえます。

反応率が高い、ということは費用対効果が高い、つまり元をとりやすいということです。

また他媒体よりもリピーターを増やしやすいです。新規顧客のためのDMであっても、対象を絞れることから集客増加の効果がでる可能性が高いのです。

DM集客-2

3、デメリット

有効につかわなければ、集客効果どころか印刷代などの費用のほうが高い、ということになりかねません。

またポストにいれても興味を持たれなかったり気づかれなければ捨てられてしまうこともあります。

予算をかけてDMを送って赤字、あるいは黒字ぎりぎりでは逆効果になりかねません。

あまり売り込みに徹してしまうと、よくないイメージをもたれてしまう可能性があります。

4、集客のコツ

DMは内容によって成果に天と地ほどの差がでます。

少しのDM送付で売り上げ見こみの何倍もの利益を出すこともあれば、何十万もかけて送ったのにお客様が全くこないというパターンもあるのです。

DMはお客様の感情を動かすことを意識しましょう。

成果をだすためには、お客様が内容を見て予約、来店というふうに行動に移してもらわなければなりません。

それには文章の書き方に注意しましょう。

ヘアサロンならば「OO様、その後ヘアスタイルはいかがでしょうか。スタイリングに関して気になるところがあればお気楽にご連絡ください」のように、売り込みや勧誘を直接的にしないようにしてください。

お得なクーポンや、「何日までにご来店いただけると○%お安くさせていただけます」など、お客様がもらって嬉しい内容が理想的です。

大事なのは発送するタイミングです。

新規のお客様はなるべく早く、そうでない場合は、美容室に次回いくまで、と考えると1、2ヶ月が妥当です。

ネイルサロン、まつげエクステサロンならば3週間から1ヶ月が良いでしょう。

反応がよくない場合は期間を空けて何度か送ってみるなど、あきらめずアプローチしてみてください。

また、バースデーMDを送るのも効果的です。

DM集客-3

5、美容サロンのDMでの集客事例

静岡県の「石田ビューティースタジオ」はダイエットサロンです。

DMを一通一通手紙のように書くようにしたところ、お客様から来店の際に「うれしかったです」「ありがとうございます」と声をかけてもらうことができるようになり、コミュニケーションがお客様とよくとれるようになりました。

すると「顧客満足度」がアップしたということか、月70万円ほど売り上げがアップしました。

以上のように、DMはお客様と個人個人と向き合うことができる集客方法だといえます。

コツをつかめば単なる勧誘や売り込みではなく、お客様の心を惹きつけるDMになるはずです。

ネット集客だけではなかなか効果が表れないというサロン様は、ぜひDM作成で集客を増やしてみて下さい。


▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル