美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

メルマガ バックナンバー

口コミでの新規来店が増えない3つ原因とその解決策

いつもお世話になっております。
アクティブメディアの清水です^^

まずは前回のおさらいです。

口コミはどういう時に起こるのか?というと

人は「感動した時」に口コミをしたくなり

感動は「期待値を超えた」時に起きます。

とお伝えしました。

しかし
感動しても口コミ紹介をしないお客様もいますよね。

その原因は大きく3つあり工夫次第で解決できます。
今回はそのお話をします。

<原因その1>
「だれに」口コミしたら良いかわからない!

誰でも良いから紹介してほしいという
スタンスは良くありません。

たくさんの人をターゲットにしているので
一見よく見えますが実は逆です。

紹介してほしい人があいまいだと
せっかく感動してくれたお客様も
迷ってしまい口コミしてくれなくなります。
(例)

×:誰か紹介してください。

○:ご家族を紹介してください。
friends_girl.png

紹介してほしい人を具体的にすることは

口コミ紹介をしやすい環境を提供する

ということに繋がっていますから
お客様のためにもなるんですね^^
さらに

・ママと一緒に綺麗になれる母娘クーポン

などなど特典でもターゲットを具体的にして
口コミ紹介しやすい環境を作りましょう。

<原因その2>
「何を」口コミしたら良いかわからない!

(悪い例)

紹介する人:「私の通ってるサロンはすごく良いよ」

紹介される人:「へ~どう良いの?」

紹介する人:「とにかく上手なんだよね」

紹介される人:「ふ~ん、機会があれば行ってみるね」
いかがでしょうか?

紹介したくても、あなたのサロンの良さを
どう伝えたらいいか分からない場合もあります。
これは、とてももったいないです。

サロンのこだわりを明確にしてあげて
口コミ紹介しやすい環境を作りましょう。

(良い例)

紹介する人:「髪の傷みに悩んでたよね?」

紹介される人:「うん、カラーの度に傷んでたからさ」

紹介する人:「このサロンは天然成分にこだわっているから
       髪を傷めずにカラーしてくれるよ!」

shiraga_zome.png

紹介される人:「へ~良さそうだね!行ってみよう!」

さらにお店の良さを明確にすると紹介する人も
「自分の通っているサロンは良いサロン」
→「自分の判断が正しかった」
と再確認でき満足度アップにもつながります。


<原因その3>
「どうやって」口コミしたら良いかわからない!

「口コミ」というくらいなので
言葉で伝えることが多いかもしれません。

これまでの原因その1と2の解決策を実践すれば
「誰に」と「何を」を明確にしているので
紹介する人も伝えやすくはなっているはずです。
でもそれではまだ不十分です。
来店に結びつけるためには、
紹介する人が「あなたのサロンの良さ」を伝えて、
その後に「スタッフの人柄」「サロンの場所」
「予約方法」「料金」なども伝えないといけません。

これら↑を全て言葉で伝えて、なおかつ
相手に理解して来店してもらうのは
ハードルが高すぎますよね?
そこで役に立つのが紹介カードです。
名刺の裏面などを紹介状にすることを私はオススメしてます。
cc-library010008829.jpg

<名刺の表面>

・サロン名
・サロンのウリ(キャッチコピー)
・あなたの名前(写真付き)
・あなたのウリ(キャッチコピー)
・電話番号と住所
<名刺の裏面>

・来店特典
・来店方法(予約か電話か)
などなど、
初めて来店するサロンに対する不安が
なくなるように配慮した内容にしましょう。
つまり紹介する人は「どうやって」口コミするのか?
その答えは・・・

「紹介カード」を渡すだけ

そうしてあげることで紹介する人の
労力を最低限にしてあげられると同時に、
サロンは最大限のアピールができるようになります。

この時に大事なポイントを2つあるのですが
長くなってしまったのでまた次回紹介しますね^^

お楽しみに!


▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル