美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

販促

サロン集客の必須ツール5選!2018決定版

サロン集客の必須ツール5選!2018決定版

・新規客の獲得ができていない…

・お客様はたくさん来てるけど何故か儲からない…

・儲かっているけど、いつまで続くか不安…

など状況は様々だと思いますが、この記事をご覧になっているサロン経営者であるあなたは『集客の悩み』をお持ちのはずです。

この記事では、そんなあなたのサロン集客の悩みをキレイさっぱり解消してくれる『サロン集客の必須ツール』を5つ厳選して紹介します。
現在2200以上のサロン集客のお手伝いをしている経験に基づいた超!実践的かつ具体的な内容ですので、ぜひ最後までお読みください。

 サロン集客でよくある誤解『サービスが良いと儲かる』
 サロン集客ツール①:サロン情報発信メディア
 サロン集客ツール②:WEB予約システム
 サロン集客ツール③:顧客管理システム
 サロン集客ツール④:既存客に声をかける
 サロン集客ツール⑤:口コミを増やす
 サロン集客ツール番外編:クレジットカード決済システム
 まとめ

 

サロン集客でよくある誤解『サービスが良いと儲かる』

私たちが集客のお手伝いをしている2,200以上のサロンの70%以上は小・中規模サロンです。
そして、そのほとんどが自宅サロン。

自宅サロンで集客が上手くいかない、もしくは行き詰まる理由は大きく2つあります。

1つは、情報発信が不足しているということ。

情報を発信する手段は「看板」、「チラシ」、「ホームページ」、「SNS」、「ホットペッパービューティー」など何でも構いません。
重要なのは「お客様が知りたい情報を発信しているか?」ということと、「発信し続けているか?」ということです。
集客に悩むサロンはこの情報発信が圧倒的に不足しています。

 

そして、サロン集客が上手くいかない理由の2つ目は、作業効率のバランスが悪いことです。
▼動画でも分かりやすく解説しています▼

サロンを経営する作業は大きく5つに分けることができます。

・投資する額
・利益率
・新規客数
・リピート率
・客単価

例えば、一ヶ月に使える作業時間の合計が「10」だったとします。
理想的な作業時間の分配はこちら(↓)です。

・投資する額 2
・利益率   2
・新規客数  2
・リピート率 2
・客単価   2

これ(↑)が理想的である理由は、作業時間に対しての『サロンが儲かる』効果は掛け算で現れるからです。
上記の場合は『 2 x 2 x 2 x 2 x 2 = 32 』となります。

 

一方、集客に悩むサロン経営者からよく聞くセリフがこちら(↓)。

「うちのサロンはリピーター様に力を入れてサービスしているからリピート率は十分高いですよ」

リピーター様を大切にするのは素晴らしいことです。

しかし、一部に力を入れすぎるとサロン経営は上手くいきません。
集客に悩むサロンの作業時間の分配はこちら(↓)のような感じがほとんどです。

・投資する額 1
・利益率   1
・新規客数  1
・リピート率 6(!)
・客単価   1

作業効率に対する効果は掛け算ですので『 1 x 1 x 1 x 6 x 1 = 6 』となります。
先程の作業時間の分配バランスが良いものと比べると『サロンが儲かる』効果は1/5以下になります。

『サービスを良くする』=『儲かる』

というのはサロン経営者によくある誤解です。

『サービスを良くする』というのは来店した人だけに向けにサービスです。
つまり『リピート率』にだけ力を入れているということです。

『リピート率』に力を入れすぎると新規客数に困ったり、客単価を下げることになったりと、どんどんバランスが悪くなります。

 

大切なのはリピート率を維持しつつ、他の作業時間を増やしてバランスを整えることです。
そのために役立つのがツールの利用です。

投資する額を、ほんの少し増やしてツールを活用することは非常に大切です。

 

サロン集客ツール①:サロン情報発信メディア

ということで、自宅サロンの集客の悩みを解決して『儲かる』サロンにしてくれるお役立ちツールを5つ紹介します。

その1つ目はサロンの情報を発信するツールです。

有料の情報発信ツール
・ホームページ
・チラシ
・ポータルサイト(ホットペッパービューティーなど)
無料の情報発信ツール
・無料ホームページ作成ツール(WIXなど)
・Googleマイビジネス
・アメブロ
・SNS(インスタ、フェイスブック、ツイッターなど)

 

有料・無料に関わらず大切なのは『お客様が知りたい情報』がきちんと掲載されているか?ということです。

特にまだあなたのサロンを利用したことない人は、あなたのサロンに対してたくさんの不安を持っています。

・どんな人向けのサロンなのかな?

・料金はいくらくらいかな?

・技術は上手かな?

・どんなスタッフかな?

・若いかな?ベテランかな?知識はあるかな?

・接客はちゃんとしてるかな?

・店内の雰囲気はどんな感じかな?

・どんな客層が通っているのかな?

・予約(来店)するにはどうしたらいいのかな?

不安な女性客

このような不安を解消してあげる情報を発信していきましょう。

 

サロン集客ツール②:WEB予約システム

WEB予約システムとは、インターネット上にあなたのサロンの予約フォームを作り、お客様が『予約できる時間帯』を確認できたり『日時』『メニュー』『スタッフ』を選んで予約申し込みできる環境を提供することです。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

サロン集客ツール③:顧客管理システム

顧客管理システムとは、『誰が』『いつ来店して』『どのような内容で』『いくら使ったか?』などのデータを管理するシステムです。

紙のカルテで管理しているサロンも多いです。
しかし、データで管理して分析することによってサロン経営にとって非常に役立つ情報をたくさん掘り出すことができます。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

サロン集客ツール④:既存客に声をかける

既存客に声をかけるツールとは、一度サロンに来店したお客様に対してメール、LINE、SNSなどで連絡し、再来店を促すツールのことを言います。

これまで多くのサロン経営者のサポートしてきましたが、最初の相談で「これまでどんなリピーター対策をしてましたか?」と私が質問すると「カルテに書かれた住所に紙のDMを送るだけ…」というサロンが多かったです。

紙のDMも、たまにであれば良いものです。
しかし、手間とコストがかかるため頻繁に送ることはできません。

そして、お客様には頻繁に声をかけていかないとサロンの存在を忘れられてしまいます。
その結果、サロン離れに繋がりリピート率は低下していくというわけです。

 

メール、LINE、SNSなど電子化された連絡ツールを使えば、手間とコストがかからないため問題をキレイさっぱり解決できます。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

サロン集客ツール⑤:口コミを増やす

『口コミ』は今も昔も変わらずに、最も信頼性のある情報の一つとして人気があります。

物を買うならAMAZONのレビューを気にするし、家電品を買うなら価格ドットコムを気にする…という方は非常に多いですよね。
あなたもそうなのではないでしょうか?

サロン集客においても口コミは重要視されています。
ホットペッパービューティーやミニモ(minimo)などのポータルサイトではもちろん、『Googleマイビジネス』『エキテン』などなど、様々なインターネットメディアがユーザーが口コミを書くコンテンツを持っています。
それだけ利用するユーザー(サロンを探している人)にとって気になる情報だということです。

あなたのサロンを利用したお客様が口コミできる環境を整えてあげるようにしましょう。
そうすることで新規集客はもちろん、既存の顧客の満足度をアップさせることにも繋がっていきます。

この章では、サロンの口コミできるツールの紹介を紹介します。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

サロン集客ツール番外編:クレジットカード決済システム

実は、低コストで集客力をアップできるツールは他にもあります。
それはクレジットカード決済です。

私のオススメのクレジットカード決済ツールを紹介したいと思います。

※ちなみに私はクレジットカード決済ツールの代理店でも何でもありませんw
 ただ、私のサロンでも導入していますし情報もたくさん入ってきますのでその内容をシェアしますね^^

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたのサロン経営をサポートしてくれる心強い味方となるツールを紹介しました。

あなたの時間もコストの一部と捉えて業務を効率よくすることは『儲かるサロン』にする最大の近道となります。
是非ツールのご導入をご検討ください。

▼ その他おすすめ人気記事 ▼ バナーアイコン:美容室集客法10選2018最新版