美容室・サロン集客の情報満載 リピーター集客ラボ

集客:サロンに新規客を増やす

美容室の集客法10選【2018年 最新版】

美容室の集客法10選【2018年 最新版】

美容室の集客競争が激化している

美容室の数は、毎年増えて続けています。
そもそも美容師は独立してなんぼの業界とも言えますので、美容室が増加するのは自然なことですよね。

現在の美容室の数は243,360件もあり、なんとコンビニ(55,000件)の約5倍になります!(総務省統計局のデータより)

人口割合で単純計算すると美容室1店舗あたり保有できるお客様の数は480人になります。
これだけの数の美容室がお客様を奪い合っているのが現状です。

 

例えば、いま流行のポータルサイトを見てみましょう。

ホットペッパービューティーに掲載されている美容室の数:約3500件
ホットペッパービューティーで予約される数:約4500万回/年minimoに登録している美容師の数:約2万人
minimoで予約される数:約240万回/年※2017年末の公式データより引用

このデータに表れている様に、全国の美容室でお客様の奪い合い、生き残り競争が激しく行われているのがよく分かります。

 

あなたの経営する美容室が生き残るためには効率よく集客する必要があります。

先程、ホットペッパービューティーやminimoを例に挙げましたが集客方法はそれだけではありません。
現在は数多くの集客方法があり、美容室によって何が効果的なのかは全く違います。

私たちはこれまで2,200店以上の美容室の集客をサポートしてきた実績を持っています。
その中から「これは!」と美容室の集客に本当に役立つ10個の方法を厳選して紹介します。
あなたの経営する美容室にピッタリの集客方法が必ず見つかります!

お金のかからない集客方法もたくさん紹介しますので、この記事を2018年最新の【完全保存版】としてブックマークしてください。

今回この記事で紹介した集客方法以外にも、美容室の集客ノウハウや具体策を無料メルマガで紹介しています。
こちらも併せてご覧ください。
>メルマガ登録はこちらから

1.集客するために『美容室を利用する顧客心理』を知る

1)そもそもなぜ美容室を利用するのか?

美容室の集客を効果的にするには『顧客がどんな要望や悩みを持っているのか?』を知る必要があります。

今は、「値段を安くすれば集客できる!」という単純な時代ではありません。
むしろ値下げは逆効果です。
美容室をオープンしてから経営を3年以上維持できる確率は10%ほどと言われています。
実際に、3年もたない美容室は集客が上手くいかず、集客の悩みを解決しようとして値下げ競争に巻き込まれてしまった結果閉店…という場合が多いです。

値下げ競争に巻き込まれずに、効果的に集客するために顧客心理を理解しましょう。
まず顧客が美容室を利用する目的はこちら(↓)が主です。

「自分にとって最適な髪形にしてもらうため」
「髪の悩みを解決してもらうため」
「癒しや贅沢のため」

値段が安いことを一番の優先順位にしている人は1,000円カットに行くはずですからね。

あなたの経営する美容室はどんな人のどんな願望を叶える(悩みを解決する)ことができますか?
そして、それを具体的にどのように実現しますか?

それを上手に宣伝することが美容室の集客にとって大事なポイントです。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

2.美容室の集客方法:『チラシ』配りの効果を13倍に!

チラシはあなたの経営する美容室のことをご近所に知ってもらうには最適なメディアです。

チラシのサンプル

ご近所 = 通いやすい

通いやすいというのは、かなり強い来店動機になりますから上手く配れば効果も出やすいので、あなたの経営する美容室でも試したことあるのではないでしょうか?
美容室でチラシを配って集客するコツを4つご紹介します。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

3.美容室の集客方法:『名刺』で『口コミ』を増やす!

今あなたがお使いの名刺はどのようにして作りましたか?

実は名刺とは、とても便利なツールで、一工夫すると口コミ紹介による新規来店が増えたりもします。
そのひと工夫とは「口コミ紹介しやすい環境を提供してあげること」なんです。
そうすることで、名刺は自己紹介するそれだけのものから、集客メディアにまでパワーアップさせることができます。

集客できる名刺

できない名刺

その4つの違いを、集客できるまでのステップとして紹介します。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

4.美容室の集客方法:美容室検索ポータルサイトに掲載

多くの人が美容室を探す時の必須ツールとなった美容室検索ポータルサイト。

ホットペッパービューティー
ispot
楽天ビューティー
OZmall

などなど、たくさんの美容室検索ポータルサイトが存在します。

あなたの美容室ではどこかのサイトに掲載していますか?

この章では美容室検索サイトって掲載して効果的に集客するコツを紹介します。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

5.美容室の集客方法:ホームページ

今となってはホームページのない美容室の方が珍しい!というくらい当たり前になりました。
数年前まではホームページを作るための費用は50~100万円ほどかかりましたが、今は無料で作れるサービスもたくさんありますよね。

しかし、安くなったと言ってもホームページを作ってしっかり集客するためには『時間(手間)』と『お金』がかかるものです。

美容室がホームページを作って効率よく集客するために気を付けたいことを紹介します。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

6.美容室の集客方法:ブログ

世の中には様々なブログが存在しており、美容室集客においても情報発信の媒体として非常に有効です。

デザインが良い、使いやすいなどブログによって様々ですが、どれを選んだら良いか分からない場合も多いのではないでしょうか?
今回はブログ選びと集客方法についてのポイントをご紹介していきます。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

7.美容室の集客方法:Googleマイビジネス

美容室・サロンだけでなく飲食店などの店舗であれば必ず登録しておいた方がいいGoogleマイビジネス。

現在、私は2,200以上の美容室・サロンの集客サポートを行っておりますが、これまでの経験上「Googleマイビジネスに未登録の美容室が意外に多い!」という印象を持っています。

もし、あなたの経営する美容室がまだ未登録であれば、今すぐ登録することを強くオススメします。

なぜならば、Googleマイビジネスは無料のサービスですが美容室集客にプラスの効果があります。

この章では、Googleマイビジネスがなぜ美容室の集客に役立つのか?
そして、Googleマイビジネスを登録する上でのコツを紹介します。

すでに登録済みだとしてもこのコツを押さえておく意味でもご一読ください★

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

8.美容室の集客方法:フェイスブック

2017年に世界中で若者のフェイスブック離れが進んでいると報じられました。
しかしながら、まだまだフェイスブックの利用者数は数あるSNSの中でもダントツで、最も広告の効果を発揮するSNSであると言えます。

この章では美容室がフェイスブックを活用して集客するコツを紹介します。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

9.美容室の集客方法:ツイッター

ツイッターは今の時代、とても大事なコミュニケーションツールです。
利用者は膨大な数ですから、美容室の経営者が頭を悩ませる「集客」についても強い力を発揮します。
ただ、コツをつかんでいないと、なかなか集客には繋がりません。

この章では、ツイッターの特徴と、確実に集客を増やす方法をお話します。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

10.美容室の集客方法:インスタグラム

あなたもご存知の通り、今はインスタグラムがトレンドでユーザー数もかなり増えています。

なぜインスタグラムがこんなにも人気なのか?
というお話はここでは省きますが、2017年の流行語大賞にインスタ映えという言葉がノミネートされたほど社会的なブームになっています。
インスタグラムはビジュアルメインのSNSですのでオシャレなイメージがあります。
美容室のマーケットとの相性が非常に良いのでお金のかからない範囲でぜひ活用していきたいツールですよね。

この章では、インスタグラムを「これから始めたい」「すでに運営している」という美容室向けに『これだけは押さえておけばとりあえず間違いない!』という情報を厳選して紹介します。

タップ(クリック)して詳細を表示する

 

11.美容室の集客方法:インターネット広告

集客を積極的に行っている美容室であれば、一度は検討したことがあるのが『インターネット広告』なのではないでしょうか。
インターネット広告と言っても様々なものがありますので、「どんな広告を出せば良いのか分からない…」とお悩みだと思います。

この章では、美容室集客でよく使われる3つのインターネット広告の種類・特徴と、インターネット広告で集客するための秘訣を紹介します。

タップ(クリック)して詳細を表示する


▼その他のオススメ記事はこちら▼

美容室集客法10選

サロン集客ツール5選

サロン開業やることリスト 

美容室経営成功マニュアル